任意整理のデメリット何年続く?

任意整理のデメリット何年続く?

MENU

任意整理のデメリット何年続く?

個人事業の不振や健康面野での問題など、世の中には様々な問題を抱えお金を必要としている人が大勢存在しています。
それらの生活の窮地を乗り越える手段として、ローンやキャッシングといった金融サービスが存在しているのですが、お金を借りたものの、借りたお金を返す手段までもが崩壊してしまった場合、借金問題という新たな問題を抱えることとなってしまいます。

真面目で責任感の強い人は、借金問題を誰にも相談できずに一人で抱え込んでしまうという傾向があります。
現代の日本社会には借金問題を合法的に解決できる手段が幾つも用意されています。借金問題を抱えてしまった場合は、速やかに専門家へ相談をして、法に則った解決を目指すのが適切であると考えられるでしょう。

債務整理の手段として、現在社会で最も利用されている手段の一つが任意整理という手続きとなります。
任意整理とは、裁判所を通さずに司法書士などの専門家と債権者が直接交渉を行うことによって負債額を減らす手続きのことをいいます。

裁判所を通さないため、手続きが比較的簡素である点や、一定の資産を保有したまま負債の整理を行える点に大きなメリットが有ります。

任意整理には個人再生や自己破産にはないようなメリットが存在する一方で、デメリットも存在します。
任意整理を行うことで生じるデメリットとしては、信用情報に金融事故歴が掲載されることとなるため、5年から10年の間はローンが組めなくなることや、個人再生や自己破産ほどには負債を減らすことが難しいといったことが挙げられます。

任意整理のメリットとデメリットをよく理解して手続きを行うように努めましょう。