任意整理の期間は?※手続きや影響が出る期間

任意整理の期間は?※手続きや影響が出る期間

MENU

任意整理の期間は?※手続きや影響が出る期間

債務整理の方法の1つに任意整理が有ります。
因みに、任意と言う言葉が付くものに、任意売却と言うものが有りますが、任意売却は競売にかけられる前に自らの意思で不動産を売却をして借金の返済を行う方法であり、任意整理とは異なる手法になります。

しかし、競売と言うのは裁判所を通じて手続きが行われるものであり、任意売却は一般の不動産会社を通じて買主を探す事と言った違いが有ります。
任意整理も、裁判所を利用せずに弁護士などの法律の専門家が債権者に対して交渉をし、借金を減額した後の債務を一定の期間の中で返済を行って行くと言うものであり、任意整理も任意売却も裁判所を使わず、任意に行う手法と言う共通点を持っているのです。

尚、任意整理を行う事でブラックリストに掲載され、5年と言う期間の中では新たな借金をする事やクレジットカードを作ることが出来なくなると言います。
但し、5年と言う期間を過ぎることで、ブラックリストの掲載されている情報は消滅するので、お金を借りたりクレジットカードを作ることは可能になるのです。

ブラックリストと言う言葉を目にしたり、耳にした人は多いかと思われますが、ブラックリストと言うリストが存在しているのではなく、金融の中での事故を起こした人の情報が信用情報機関で管理が行われており、個人信用情報に債務整理をした事や延滞をした事実などが明記されている状態のことをブラックリストと呼んでいるのです。
また、個人信用情報の中に記載されている情報は、5年などの期間を過ぎる事で自動的に消滅する事になるのです。